少女(1960)

少女・昭和35年・日活・チャンネルNECO
笹森礼子、川地民夫、殿山泰司、初井言栄ほか
農村の娘カネ子(笹森)は口減らしの為に東京の親戚を頼って上京する。同郷の小説家に憧れ弟子入りを志願するが、「小説家になりたいならいろんな仕事を経験しなさい」と諭されて叔父正助(殿山)の紹介で美容院に勤めることに。しかし意地の悪い先輩と掴みあいの喧嘩になり辞めてしまった。従兄由造(川地)に頼みこんでキャバレーの面接を受けるがマネージャーに迫られ、同時にトランペットのテストを受けた由造をけなされて怒って帰って来てしまう・・・。
田舎の純朴な少女の心の成長と恋の行方。59分と短い映画でしたが色々詰め込まれていてなかなか面白かったです。

いきなり寒くなってビックリデスよ。
FRPの作業を少しだけしましたが、気温が低くてなかなか硬化せず。
7時間ぐらい経っても完全には硬化してませんでした。
寒かったので硬化剤を多めにすれば良かったかもね。
明日の朝には固まってるでしょう・・・。

さて、明日も行ってみよう。



ガレージに注目↑






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示