(-人-)

渡瀬恒彦さんが亡くなりました。
十津川警部シリーズやタクシードライバーの推理日誌、おみやさんなど、沢山の作品を残して。
初めて渡瀬さんをちゃんと見たのは戦国自衛隊だったと思います。
上官に反抗する自衛官役で、この怖いあんちゃんはなんなんだろうかと。
当時角川書店から発売されていた月刊バラエティでいろいろと知りました。
渡哲也さんの弟であること、二人はほとんど共演していないことなどなど。
セーラー服と機関銃も。
その後、仁義なき戦いなどみてこの人は凄いなと。
テレビCMの裸の王様も印象に残ってます。
十津川警部の渋い演技、タクシードライバーの美人に弱い元刑事、普段は優しいおじさんが締める所はビシッと締めるおみやさん。
渡瀬さんが画面に登場するだけでどのドラマも安心して見ていられました。
復帰の為に頑張って居られたと記事で読みました。
本当に残念です。
また一人、好きな昭和の俳優さんが居なくなってしまった。
なんだか纏まらないままつらつらと書いてしまった。
それではまた明日。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示