鉄火場破り(1964)

鉄火場破り・昭和39年・日活・チャンネルNECO
石原裕次郎、芦川いづみ、小沢昭一、宇野重吉、山茶花究ほか
時は明治、昔は“壺振りの源”と呼ばれた博打打ちの源(宇野)も落ちぶれて、賭場でイカサマを見抜く番人になっていた。昔を忘れられない源だったが名うてのイカサマ師“カミソリの竜”(山茶花)に再会、賭場でのイカサマをわざと見逃し1対1の勝負を申し込む。二人きりの勝負に敗れた源は博打を諦め車引きとして妻と一人息子の政(石原)を育てる。政は成長するにつれヤクザな世界に足を踏み入れいっぱしの博徒になっていた。背中に彫り物を施し“関東政(かんとうまさ)”と名乗り、父との生活を捨て博打修業の旅に出た・・・。
壺振り師の映画で大映で活躍していた山茶花究さんがゲスト。山茶花究が出ているだけで『大映の映画?』と勘違いしそうになりました。恐るべし山茶花究。

今朝も寒かったですが明日もまたまた寒くなるそうで。
日曜日はもしかしたら氷点下行くんじゃねーの?という予報が出てる模様。
日曜日は引き籠って溜まってる大都会を見ようかね・・・。(^_^;)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石原裕次郎リサイタル [ 石原裕次郎 ]
価格:4458円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示