新宿の肌(1968)

新宿の肌・昭和43年・松竹・チャンネルNECO
松岡きっこ、太田博之、藤木孝、中原早苗、長沢純ほか
ストリップ劇場で働くくらの娘チヨ(松岡)は純情な少女。劇場の照明係今井(太田)と恋仲だったがチヨに目を付けたヤクザが今井を刺し、居合わせたチヨの事が夕刊紙に書かれ世間の晒し物にされてしまう。母との生活の為にチヨはストリップ劇場で踊ることになるが助かった今井に言いだせずにいた。宣伝効果もあり、チヨは劇場のスターになっていく・・・。
純情な娘が傷害事件やレイプなどを経験しながらも今井への恋心を忘れずにいるところはちょっとほっとしました。昔はトリップできちゃう薬が市販されていたりして、ハイミナールという向精神薬で廃人になるカメラマンがちょっと衝撃でした。松岡きっこさん綺麗だった~。(*^_^*)

さて、今週も後半戦行ってみよう。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示