大怪獣ガメラ(1965)

大怪獣ガメラ(1965年・大映・チャンネルNECO)
船越英二、霧立はるみ、姿美千子ほか。
北極のエスキモーに伝わる亀の調査に訪れた日高(船越)と京子(霧立)は国籍不明の戦闘機が米軍に撃墜されるところを目撃する。戦闘機に核兵器が搭載されていたらしく現場にはきのこ雲があがった。爆発の衝撃で氷に閉じ込められていた伝説の巨大な亀“ガメラ”が復活、世界各地で猛威をふるう。生物学者としてガメラ撃退に尽力する日高たち。攻撃によって起こる爆発にエネルギーを吸収するガメラに効果的な対策を見いだせない人類は巨大なカプセルにガメラを誘いこみ宇宙に放り出す作戦を実行する・・・。
東宝のゴジラシリーズが子供に大人気だったことで大映、松竹、日活までもが怪獣映画に乗り出した時代でしたがシリーズとして残ったのはガメラでした。炎を喰らうという設定は斬新かも。しかし自衛隊が簡単に『米軍に核ミサイルの発射を依頼』してしまう脚本にビックリ。初の特撮だったり急ごしらえだったりで突っ込みどころは満載ですがそれも含めて楽しめました。ちなみにモノクロです。

さて、大映の忠臣蔵見ようかと思ったけど明日も早いのであきらめます。(笑







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示