陽気な殿様(1962)

陽気な殿様・昭和37年・大映・時代劇専門ch
市川雷蔵、坪内ミキ子、高田美和、宇津井健、菅井一郎ほか。
大名家の若様、榊原隼之介(市川)は堅苦しい暮らしを嫌い大工の棟梁や鳶の頭と気楽に暮らしていた。家督相続の為に地元姫路へ向かうことになったが大げさな旅になるのを嫌って棟梁たちと3人で先行し家来たちは付かず離れずについて行くことに。浜松で浜松藩の家老と知り合った一行だったが藩に伝わる埋蔵金の扱いについて相談を受けた隼之介は埋蔵金の在り処を彫った腰元お八重(高田)を預かることに。早速襲撃を受けた一行は怪我をした八重の為に棟梁らを先に有馬温泉に向かわせた。有馬の宿場に付いた隼之介は乳きょうだいのゆきに再会した。ゆきは夫の仇である角右衛門を狙っていたが角右衛門は明石藩に匿われているという。そこで隼之介は明石藩の弥々姫(坪内)を拉致して人質とするが見合いをさせられる予定だった弥々姫はこの境遇を楽しんでいる様子。姫を迎えに来た明石藩士から角右衛門が松平長七郎(宇津井)の別荘に居ると聞いた隼之介は八重と埋蔵金の一件を長七郎に託すことになる。しかし肝心の角右衛門はその場に居らず後刻に長七郎立ちあいの元に引き渡すと言われる・・・。
コメディタッチの中にも仇打ちや埋蔵金などをちりばめた娯楽作。アタクシの世代では坪内ミキ子さんは『連想ゲーム』のおばさんなのですが、この時代は可憐なお姫様です。宇津井さんの長七郎はなぜか沢山着込んでいて関取に見えなくもない感じでした。(笑

さて、今週も頑張ろう・・・



無駄にクオリティが高くてカッコイイ!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示