鴛鴦歌合戦(1939)

鴛鴦歌合戦・昭和14年・日活・時代劇専門ch。
片岡千恵蔵、市川春代、志村喬、ディックミネ、服部富子、深水藤子ほか。
商家の娘お富(服部)は町内の若旦那連中に惚れられてまんざらでもない。一方貧乏長屋では傘貼りの内職をする浪人(志村)と娘お春(市川)、裃が嫌で気ままな浪人暮らしの浅井禮三郎(片岡)らが楽しく暮らしていた。お春と浅井はお互いに惹かれあっている。お富が浅井とお春の間を邪魔したり浅井の伯父が娘との縁談を押し付けたりでお春は気が気ではない。ある日骨董好きの大名峯沢丹波守(ミネ)がお春を気に入り家臣の遠山満右ェ門がお春の父に骨董を買い与え交換にお春をお妾にと迫るがお春が承知するはずもなく、父は遠山に骨董代を返すように言われる。しかし骨董屋のおやじは「売った後でニセモノと判った」と言い張りわずかな金額での買い戻ししかしてくれず、困った父娘は夜逃げをすることに。お春を諦めきれない丹波守は家来を連れてお春を拉致しようとするが悲鳴を聞いた浅井が駆け付けて事なきを得る・・・。
日本初の本格オペレッタ作品として有名な作品で片岡千恵蔵ほか出演者が皆ジャズの素晴らしい演奏にのって歌います。初めて見た時に市川春代さんの可憐さにハートを打ち抜かれた記憶が蘇りました。元祖ツンデレかも。

昨日に引き続き今日もクッソ寒かったですよ。
おまけに朝から雨が降ってサバンナの暖気が大変でした。(笑
帰宅する時も若干危なかったです。(・_・;)
ある程度までエンジンの温度が上がれば平気なんですけどね。
まぁこれはインジェクションにでもしないと直らないのかな・・・。(クルマ替える気はないw

昨日録画してたNMB48大阪城ホールの見て無かった部分を見てます。
なにせ4時間半ありましたんでね。
研究生の昇格は泣けたです。(/_;)
さすがにこの年になると親目線で見ちゃいますな。

さて、今週もあと少し。
頑張りますかね。(^^)/



この若い殿様、峯沢丹波守がジャズ歌手のディック・ミネさんです。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ最近昼間は晴れて20度くらいで上半身が暑いのです・・・
けど夕方寒くなるので防寒対策で油断できません・・・

Re: No title

サバーチカさん
こちらは寒い日が続いてます・・・((+_+))
Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示