新釈 四谷怪談 前編(1949)

新釈 四谷怪談(前編)・昭和24年・松竹・衛星劇場
田中絹代、上原謙、宇野重吉、佐田啓二、滝沢修、杉村春子、山根寿子ほか。
前編。牢獄で脱獄騒ぎが起こり暴れた者は大半が獄門になり逃げなかった者たちは命拾いをした。生き残って放免された者の中にやくざ者の直助(滝沢)や茶屋に通い詰め奉公先の金に手を付けた小平(佐田)らが居た。小平は茶屋娘だったお岩(田中)の消息を探すが茶屋は辞めた後だった。江戸で商売をしていた与茂七(宇野)はフラフラ歩いていた幼馴染の小平を見つけ声を掛け自宅に連れて帰る。余茂七の妻お袖(田中・二役)を見て「お岩さん」と叫んだがお袖はお岩の妹だった。事情を聞いた与茂七はお岩が武士の妻となったことを教え諦めさせようとする。お岩を妻にした伊右衛門(上原)は御金蔵破りに遭った責めを負わされ浪人となり傘貼りをして凌いでいた。貧しさから妻に八つ当たりすることもあるがお岩は伊右衛門を慕い続ける。ある日伊右衛門が一文字屋の娘お梅(山根)をチンピラから助けたことでお梅に惚れられ、それを利用してひと儲けしようとする直助の言葉に踊らされるようになる。直助は一文字屋の女中お槇(杉村)をたらしこみ植木職人として一文字屋のお出入りとなり、主人にお梅と伊右衛門の仲を取り持とうと話す。一文字屋はお梅の婿として伊右衛門を気に入るがお岩との縁を切らなければお梅と所帯は持てない。伊右衛門が「別れてくれ」と言ってもお岩は諦められない。直助が毒薬を渡すものの、根が小心者の伊右衛門はお岩を殺す度胸は無くお梅を諦めようとするが直助がそれを許さない。再びお岩に分かれてくれと頼む伊右衛門はすがりつくお岩を突き飛ばしお岩は顔にやけどを負ってしまう。様子を伺っていた直助は火傷にいい薬があると騙して毒薬を与えお岩の顔は二目と見られない顔になってしまった。帰宅してお岩の顔を見た伊右衛門は恐ろしくなりついに煎じた毒薬をお岩に飲ませた。お岩は苦しんだ後に絶命しお岩を諦めきらずにいた小平がお岩を介抱しようとするが直助と伊右衛門に切り殺された。たまたま現場を見てしまった按摩の宅悦に死体の始末を手伝わせた・・・。
前編はお岩と小平の殺害までに費やされています。伊右衛門本人が悪党のように描かれる物もありますがそこは木下恵介監督作品、伊右衛門は小心者で直助に操られて泥沼にはまって行く様子が描かれています。

通勤用にミリタリー風のバッグを買いました。
が、なんか臭うのでファブリーズ掛けて天気のいい日に一回干してから使おうと思います。(^_^;)

AKBリクエストアワー、好きな曲があったのでツイッターの実況でチェックしてました。
1000曲以上の中で20位という結果に驚きましたがほんとに素敵な歌なので埋れずに歌い継がれて欲しい。
9人のユニットですが4人卒業してるのでそこは寂しかったですけど。
一人は完全に引退してしまったようなので復活は厳しいかなぁ・・・。(/_;)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、バッグを買い代えなければ・・・
ファスナーが壊れかけて中途半端にしか開かないのでファスナーでないのが欲しいです・・・

Re: No title

サバーチカさん
ファスナー壊れると厄介ですね・・・。(^_^;)
Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示