爆笑水戸黄門漫遊記(1959)

爆笑水戸黄門漫遊記・昭和34年・東宝・時代劇専門ch。
柳家金語楼、由利徹、上田吉二郎、中田康子、清川虹子、トニー谷、佐原健二、夏木陽介、佐藤允ほか。
生類憐みの令に翻弄されていた頃、“お犬様”殺害の疑いを掛けられたうなぎ屋の主人金兵衛(柳家)、居合わせた客の助松、角造の三人はほとぼりが冷めるまで江戸から離れ旅に出る。同じころ、旅芸人一座の座長と番頭に金を持って逃げられた旅役者の中村延次(由利)たち三人もおひねりを懐に旅に出る。老人の自殺に出くわした金平衛たちは飢饉の為に山城屋に娘を身売りした帰り道に金を奪われたという話を聞いて山城屋の自演と見抜いた。角造と助松に女装させ山城屋に潜り込むと証拠を掴み、怒った山城屋に自分達は水戸黄門一行だと騙り囚われていた娘たちを解放した。宿場町では役人が金兵衛一行を水戸黄門一行と思いこんだ。すでに黄門一行としてどんちゃん騒ぎを始めていた延次ら一行と鉢合わせしニセ黄門騒動となり大騒動になり・・・。当時のお笑い芸人や人気俳優が総登場して楽しい水戸黄門になっています。もちろん“ホンモノ”の黄門様一行も登場します。(笑

久しぶりの車検ダブルヘッダーも無事完了しました。
陸事も空いてて良かったです。
明日は県の機関に電話でいろいろ問い合わせなきゃ。

HDDの録画が溜まっちゃってます。(^_^;)
それにしても昭和の女優さんは別の世界の人のように綺麗に感じますね。
現代のようにプライベートを見せたり見られたりしないからですかね~。
タレントとスタアの違いとでもいうのかな。
選ばれた人たちでしたからね。
昭和の古い映画でいただけないのは煙草を足元に捨てるところですかね。
そういう習慣だったんでしょうけど、室内でも床に捨てて足で消してるのを見るとちょっと引きますわ。

さて、明日乗り切れば週末です。
あ、明日は鬼平犯科帳だ♪



十勝カマンベールチーズあられ

十勝カマンベールチーズあられ
価格:498円(税込、送料別)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示