浮かれ三度笠(1959)

浮かれ三度笠・昭和34年・大映・チャンネルNECO。
市川雷蔵、本郷功次郎、中村玉緒、左幸子、宇治みさ子、かしまし娘ほか。
尾張大納言宗春は将軍の座を争った吉宗を怨み謀反の計画を立てる。それを察した吉宗と大岡越前守は江戸屋敷にいる宗春の娘菊姫(中村)と甥の与一郎の婚礼を申し入れると同時に2組の隠密に謀反に加担する者たちによる連判状を手に入れ証拠を固めるよう命じる。ふぬけの道楽者と噂の与一郎との婚礼を嫌う菊姫は何者かに切られた爺から託された連判状を胸に父の謀反を思いとどまらせる為に屋敷を抜け出した。同じころ、与一郎も行方知れずとなり双方大騒ぎになる。腰元の渚(宇治)とともに旅をする菊姫を見つけ出し護衛するよう言いつけられた楠見兵馬(本郷)は女が苦手だった。道中で知り合った渡世人やらずの与三郎(市川)と意気投合し共に旅をすることに。道すがら雲助たちを相手に博打で大勝している女渡世人お吉(左)と出会いあっさりと雲助の負けを取り戻した与三郎に兵馬は感心しお吉は惚れてしまった。道中で与三郎が助けた二人連れの女こそ菊姫と渚だった。菊姫に釈をさせる与三郎に兵馬は気が気ではない。越前守が放った刺客に襲われ騒動の中で連判状は与三郎の手に渡る。与三郎と兵馬に守られながら菊姫は名古屋に入り父を説得するが宗春は聞き入れない。与三郎は宗春に直談判し菊姫の必死の訴えもあり宗春は謀反を諦める。江戸へ帰った菊姫は与一郎と見合いをすることになり気が狂った振りをするが現れたのは与三郎。与三郎こそが与一郎と分かった菊姫は嬉しさと恥ずかしさでその場を逃げ出すが・・・。要所でカタカナが飛び交うコメディ時代劇で見ていて楽しかったです。左幸子さんが可愛かったな~。やはり何やってもカッコイイ、さすが雷蔵先生!

いや~、今日はクルーの水漏れ2連発。
二つとも同じくインマニとセルの間にあるウォーターホースからの水漏れ。
これがとっても厄介です・・・。
こういう所にトヨタとの差が出ますね。
おまけに1台分はメーカー欠品で年明けになりますだと。
仕方ないので他のホースを傷つけないよう慎重に交換作業を進めました。
2台目のホースが届いたのが4時過ぎだったのでキリ良く組付けまで終わらせたらサービス残業に。
30分の残業すら付けるのが嫌らしいです。
シャッチョサンニホンゴツウジナイデスネーw

明日は朝イチでエンジン始動して冷却水のエア抜きとコンフォートのエンスト点検の予定です。
とりあえずキャブとエアコントロールバルブのお掃除してみるか・・・。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示