白線秘密地帯(1958)

白線秘密地帯・昭和33年・新東宝・チャンネルNECO
宇津井健、三原葉子、天知茂、荒川さつき、近衛敏明、菅原文太ほか。
昭和33年、売春防止法施行後に地下に潜った売春組織を追う刑事ドラマ。トルコ温泉のホステスみどりが客に殺害される事件が発生した。現場には「SSS」と書かれたチケットが落ちておりこれが手掛かりになると考えられた。警視庁の田代刑事(宇津井)はホステスのトミ(三原)に事情を聞くがなかなか答えない。しかしやっとみどりが以前在籍した赤線を聞きだした。赤線の元主人須藤(近衛)は不審な態度を見せず事情聴取に応じていた。結婚して田舎へ帰ると言っていたみどりは就職あっせん所で旅館の仲居の職に就いたが怪しげな女が訪ねたあと姿を消しておりその後にトルコ温泉に流れ着いたらしい。みどりを殺害した客は秘密売春組織のチンピラ(菅原)によって殺害され死体で発見された。田代らが男の自宅を訪ねると子供が怪しげな封筒を持って来た。手掛かりを求め田代刑事が差出人の住所に赴くが出鱈目と判る。やがてみどりを訪ねた女は通称ころがしの政子(荒川)と呼ばれ困っている娘を言葉巧みに連れ出し売春組織に売り渡していた。政子に連れられバーに勤めた娘は支配人の久保木に手籠めにされ都ドライブクラブのホステスになっていた。レンタカーに同乗し客と関係を持つシステムだが出かけた先で偽刑事に金を巻き上げられ、その偽刑事が逮捕されたことで事情を聞かれた際に娘のハンドバッグから「SSS」のチケットが見つかりドライブクラブは捜索を受けた。トミをマークしていた田代刑事は競馬場でトミと政子が接触するのを確認したが見失った隙に政子は射殺された。政子が残した郵便局の私書箱の鍵から売春クラブの客を見つけ出し全容が明らかになり、久保木のバーに捜査が入ると久保木は拳銃自殺した。田代刑事と同僚が私書箱を開けに来た男を尾行、同僚が警視庁に連絡している間に田代刑事は男たちに捕えられてしまった。連れて行かれた先に居たのは赤線の元主人須藤。須藤が組織のボスだったのだ。隙を見た田代は駆けつけた同僚と共に須藤らと格闘、応援隊も駆けつけ須藤らは逮捕された・・・。
56分と短い作品で時間短縮の為なのか随分と粗い編集が目立ちます。宇津井さんがむちむちなのが気になりました。(笑) 菅原文太さんはこれが本格デビューだそうで、役名は判りませんがセリフと拳銃を撃つシーン、ラストの格闘シーンがあり印象に残る役でした。


早いもので3月も終わりですね。
新年度だからってどうってことはないのですが。
新年度になると日産部品は部品の値段が上がるんですよね。
今日発注したけど新年度の値段になるらしいです。(笑

サバンナに使う錆転換剤と接着剤、ボールジョイントブーツが届きました。
仕事の合間にまずは錆転換剤でロアアームをコーティングですかね。
ぼちぼちやります。(^-^)b

チャンネルNECO、快獣ブースカ終わっちゃいました。
結構ブースカに癒されていたのでなんとなく寂しいもんですな。
声優さんの声もよく合ってたなぁ。(ちなみに初代カツオ)
シオシオノパ~・・・




サバンナに合うのはこちら↑



スポンサーサイト
Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示