北海の虎(1953)

北海の虎・昭和28年・東宝・衛星劇場
藤田進、花柳小菊、龍崎一郎、藤間紫、水村国臣ほか。
昭和18年、網走の漁村では若い者が召集され人手不足に陥っていた。捕鯨船の砲手まで召集され困った伊谷船長(龍崎)は幼馴染でかつて“北海の虎”と異名を取った大林七五郎(藤田)に復帰を持ちかける。七五郎は妻に先立たれた事を機に船を降り、息子の出(水村)を一人前に育てるべくちくわ工場で働き男で一つで子育てに奮闘していたため伊谷の誘いを断る。村の祭りの晩、出はテキヤの女うめ(花柳)と知り合った。うめは学のある女で出は字を教えてほしかった。うめは露天でインチキくじを引かせ酔った村人から小銭を巻き上げていたが出を探しに来た七五郎に見破られ、香具師の元締めが出て来るが七五郎の腕っ節は強く香具師らは逃げ出した。前々から稼業に嫌気がさしていたうめは村に残って警察の厄介になることに。しばらくして料理屋おかめの女将の下で女給として働いていたうめは出に再会した。出は字を教えて貰いに時々うめと逢うようになる。母親のような存在のうめと接することで七五郎と衝突するようになった出に手を焼くようになった七五郎はうめに「出の母になって欲しい」と結婚を申し込むがうめは祭りの晩の事を根に持っており初めは断る。しかし学校の運動会で出に対する七五郎の愛情を見たうめは心を動かされ出の母親になりたいと自分から申し出た。七五郎と出、うめの3人の生活が始まり少しずつではあるが3人の距離が縮まって仲の良い家族になって行った。ある日、七五郎の留守中に金に困った香具師の親分がうめの居所を知りやって来た。親分を拒絶するうめが必死で抵抗している所に七五郎が帰宅し乱闘になった。親分が投げた薪がうめの後頭部に当たってうめは倒れてしまう。当りどころが悪かったためにうめは失明してしまった。うめの目を治そうと都会の病院まで出向くが良い話は聞けず、それでも七五郎も出も献身的にうめを支えた。そんな中、漁村に軍の極秘命令が下り、本土までいかだで石炭を運ぶことになり伊谷が責任者に選ばれた。村人総出で突貫でいかだを作る中で材木が崩れて伊谷は大怪我を負ってしまう。怪我をした伊谷の代理を七五郎が買って出た。いよいよ出発の日、うめと出は港で手を振り七五郎を見送るがそれが最後の別れになってしまった・・・。
死んだ女房に義理立てして結婚しなかった七五郎が息子の思いに結婚を決意するシーンが印象的でした。花柳小菊さんは時代劇専門のイメージがあって現代劇で見たのは初めてかもです。綺麗な人は何やっても綺麗でした。(^_^;)

どういうわけか、昨夜なかなか寝付けず。
なんなんすかね、これ。
思いっきり寝不足でしたがなんとか乗り切って来ますた。
そして今すでに眠たいです。(^_^;)
ではまた来週・・・zzz




スポンサーサイト
Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示