濡れ髪牡丹(1961)

濡れ髪牡丹・昭和36年・大映・チャンネルNECO。
市川雷蔵、京マチ子、小林勝彦、安部徹、伊達三郎、須賀不二男ほか。
清見潟の女親分おもん(京)は大勢の子分を束ねているがその美貌に婿入り志望の渡世人が後を絶たない。だがどの男も子分たちの試験に通らず裸で叩きだされる。ある日現れた八八の瓢太郎(市川)は喧嘩、そろばん、剣術とどの試験もあっさりと合格してしまう。いよいよおもんとの直接対決、方肌脱いだおもんの色香に惑わされ瓢太郎は破れて叩きだされる。しかし瓢太郎に惹かれてしまったおもんは子分に言いつけ一年後にもう一度帰ってくるよう言いつける。そして一年後、どういうわけか旅の歌舞伎一座に紛れて帰って来た瓢太郎は役者を河原乞食と言うおもんに歌舞伎の歴史のうんちくをたれる。再びおもんと対戦する瓢太郎だがまたしてもおもんの色香にやられ破れ旅に出る。旅の途中で三人組の殺し屋“流れ三つ星”に遭遇する。その流れ三つ星が清美潟に流れて来た。おもんを自分の物にして一家を手に入れたいと考えていたが袖にされた伊三郎(安部)は路銀をせびりに来た流れ三つ星におもんを殺すよう頼む。たまたま伊三郎の賭場で負けていた瓢太郎におもんへの手紙を書かせ監禁。おもん一家は流れ三つ星をお縄にしたい奉行所と組んで彼らを追い詰め瓢太郎を助け出す。しかし牢番をだまし討ちしてあっさりと脱獄した流れ三つ星は伊三郎とともにおもん一家に殴り込むとおもんを拉致しようとするがそこに瓢太郎が現れる・・・。京マチ子のツンデレとなんでも器用にこなす雷蔵先生の対比も面白い。最後はなぜかおもんと二人で娘たちに料理を指南しているのがなんとも可笑しいです。

毎日寒いですな。
昨日から気が重かったコンフォートは意外とあっさり終わりました。
整備所を見てエアバルブの動作確認とエアアジャストスクリュー調整とかで済みました。
外部診断機でアイドルアップ機能を確認して試運転して終了。
きちんと調整したらパワステ作動時のアイドルアップ幅が増えました。
10年過ぎて40万キロ越えたクルマですからねぇ・・・。

さて、今夜は久しぶりにスナックハニーへ出動ですw

あ、今年のブログは今日で終了にしますね。
1年間お世話になりました。
来年も更新続けられますように・・・。



ミニカー作ってくんないかな~(^-^)




スポンサーサイト
Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示