薄桜記

薄桜記・昭和34年・大映・日本映画専門ch。
市川雷蔵、勝新太郎、真城千都世ほか。
討ち入りに向かう道中、堀部安兵衛(勝)は前夜に死んだ友、丹下典膳(市川)と妻千春(真城)の事を思い出していた・・・。
高田馬場へ走る道すがらすれ違った典膳は安兵衛の襷が緩いのを見て呼びかけたが伝わっておらず気になって様子を見に来た。しかしお上の役目で旅立たねばならない典膳は安兵衛の相手が同じ道場の門下生であることに気付いたがそのまま立ち去った。やはり同門の者が3人ばかり見物していたのだがその3人は自分たちを棚に上げ見て見ぬ振りは薄情だと帰国した典膳を責めた。典膳はお上の役目の方が大事だと答え収まりがつかなくなったため師匠の判断で典膳は破門になった。安兵衛も騒動を大きくさせまいとする判断で破門になる。
決闘で評判になった安兵衛のもとに士官の話があり、上杉家家臣の千坂兵部からも引き合いがあり兵部の娘千春に惚れた安兵衛は士官先を決めようとしたが千春が典膳のもとに嫁ぐ事をしり落胆、士官の話を先送りにした。
安兵衛に対し恨みに思う知心流道場の門下生たちが橋の上で安兵衛に対決を迫った所に典膳が通りかかり、過日安兵衛に窮地を救われた典膳は門下生たちを返り討ちにした。
典膳はお役目で京都に向かうことになり千春は紙で作ったひな人形を典膳に託し無事を祈った。典膳不在の夜、返り討ちにされた5人が千春を拉致し恥ずかしめた。
帰国した典膳は千春を許しお手討にしなかったが5人への復讐を誓い離縁することを言い渡す。千春の実家で兄に問い詰められた典膳は千春自身は承知しているとしか言わず怒った兄に右腕を切り落とされてしまいその後行方知れずとなった。
安兵衛は堀部の養子となり仇討の機会を狙っていた。上杉家に茶の師匠として通っていた千春を偶然目にし吉良家の茶会の日取りを探ろうとするのだが昔惚れていた事が思い出され躊躇していた。江戸に現れた典膳は早速狙われるが二人を返り討ちにするものの鉄砲で左足を撃たれてしまった。駕籠で通りかかった千春は急いで千春寺に運び応急手当てをするが生き残った3人に加勢する者たちに囲まれてしまった。右腕も無く、左足を撃たれている典膳はそれでも尋常に勝負を挑むと宣言し境内で壮絶な斬り合いが始まる・・・。
武士の面目という薄っぺらなプライドに振り回され多数で一人に挑むことを卑怯と思わない糞みたいな連中に人生を狂わされる主人公達に同情してしまいます。典膳と千春が手を取り合って絶命するシーンは悲しかったなぁ・・・。

今日も暑かったっすな~。
久しぶりに車検整備をしたら段取りが悪くなっちゃってマイリマシタわ。(^_^;)
明日はサクッと終わりますように・・・。
今夜も寝苦しいのかな?

【送料無料】薄桜記 [ 市川雷蔵 ]

【送料無料】薄桜記 [ 市川雷蔵 ]
価格:2,000円(税込、送料込)



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示