サバンナの振動。

今日は暑い一日でした~。
サバンナの確認の為、半年以上ぶりに高速に乗ってきました。
久しぶりすぎてスピードの感覚が全然つかめない。orz
とりあえずこないだまで気になっていた45キロぐらいから始まる振動は収まったようです。
ただ、いろんな振動やら音やらでワケワカラン状態。(^_^;)
一つ判った事は、今使っているショックはフニャフニャで何とかしないとダメみたいです。
当時モノのR30ノーマルショックですからね~。
乗り心地は柔らかいけど走りが不安定なのはマズイ。
やっぱりストラットを切らないとダメか・・・。
オイル漏れ修理の算段もしないとね。

昨日書いたDVDが届いたのでちょこっと書いて見る。
sosyu1.jpg
sosyu2.jpg
蘇州の夜・昭和16年・松竹。
李香蘭、佐野周二、水戸光子
日本人の医師と中国の娘の悲恋の物語。佐野周二演じる医師に対し日本人だからと反発する中国娘。しかし現地の子供たちの為に献身的に活動する医師に対しだんだん心を開いて行くのだが医師は親が決めた結婚相手が居た。
娘が医師に恋しているのを良く思わない娘の幼馴染は医師をピストルで狙うが失敗、男の父親は軍に届けないよう懇願、医師も娘に彼との結婚を進め蘇州を去る。
というのが大雑把なストーリーなのですが、端々に「アジアの独立を勝ち取る」だの「日本人も中国人もアジアの平和の為に手を取り合って」だの満洲国の五族協和だのと戦争を美化するようなセリフが出て来ますがこれは国の命令で、やらないとフィルムの割り当てが貰えない。
そんな戦争美化はさておき、李香蘭の花嫁衣装が美しすぎる。目が大きくて『金魚美人』と呼ばれていたとか。声楽を勉強していて歌も上手く物凄い人気だったようです。満洲映画協会に所属し日本の東宝、松竹との提携作品が数本作られました。今さらですが、李香蘭は日本人「山口淑子」。日本語の堪能な中国娘を探していた所、中国語の堪能な日本の娘を見つけて中国娘に仕立て上げられたわけですが、大変な思いをして帰国し戦後は日本人として再出発、参議院議員にもなりました。


さて、明日はショップへオイル漏れの相談に行ってみるか・・・。




スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示