赤い影法師

久しぶりにマックで夕飯を済ませました。
学校帰りの高校生がたくさんおりにぎやかでした。
あぁ、アタクシも嘗てはヤカマシイ集団の一人だったのね。(笑
それにしても学校帰りにマックとか恵まれた生活しとるのぉ。
いいこづかい貰ってるんだろうね。
親の負担は増えるわけですな・・・。

赤い影法師・昭和36年・東映。
大川橋蔵、木暮実千代、近衛十四郎、大川恵子、平幹二郎ほか。
影と称する忍者母子と服部半蔵の憎しみと対決。
伏見城を警備していた半蔵(近衛)は忍び込んだくのいち(木暮)を捕えたが欲情して犯してしまう。(なんでだ?w)
十数年後、その時の子供(橋蔵)が一人前の忍びとなって現れ対決することに・・・。
チャンバラは少なめで親子の情を描きたかったようです。
東映らしいと言えばらしいですな。

さて、忍者映画でも見ようかな。( ^^) _U~~



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Count.
プロフィール

えーちゃん@RX-3

Author:えーちゃん@RX-3
大人なのに人見知り。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
楽天市場
リンク
RSSリンクの表示